国際山岳ガイド 篠原達郎|プロフィール
 篠原達郎プロフィール

篠原達郎 ●国際山岳ガイド連盟認定 国際山岳ガイド
●日本山岳ガイド連盟公認 国際山岳ガイド
●ジャパン・アルパイン・ガイド組合所属
 (JAGU:通称ジャグ)
●モンチュラ・ブランドアドバイザー
●環境省公認 自然公園指導員

篠原 達郎 Tatsuo Shinohara
1956年4月6日生まれ 61歳


95年4月 (社)日本アルパイン・ガイド協会に入会
98年6月 フランス国立スキー登山学校(ENSA)にて、本場のガイド技術を学ぶ。
02年4月 ジャパン・アルパイン・ガイド組合をガイド仲間と設立する。
NHKカメラマンクライミング講師。2006年1月「ドラマ氷壁」の撮影を担当。

<主な登山歴>
●国内は、
1983年夢のブライダルベール初登、1990年谷川岳・衝立岩グリズリー、1991年谷川岳・衝立岩コンドル(ダイレクトカンテのフリー化)初登、1991年甲斐駒・スーパー赤蜘蛛初登、1997年十一面カネコロンの他、フリークライミング、マルチルート多数開拓、初登多数。
●海外は、
ビックウォール系では、ヨセミテエルキャピタン・ノーズ、ハーフドーム北西壁、カナダロータス・フラワータワー、ドロミテ・マルモラーダ南壁、チマグランテ北壁、チマオベスト北壁、カラコルム・トランゴタワー、パタゴニア・フィツロイ。
アルパイン系の壁は、マッターホルン北壁、ドリュ北壁、アイガー北壁。
アイスクライミングは、カナダポーラーサーカス、韓国トワンソン氷瀑。
高所登山は、アコンカグア、アマダブラム、K2遠征を経験する。



----- AAA(トリプルA)の提案 -----

●昔は、山岳会、サークルで登るのが当たり前でしたが、最近では、ガイドの主催する登山教室、講習会に参加して登る方が多くなっています。したがって、ガイドの数も増え、色々なタイプのガイドが仕事に従事しています。 日本では、法律でガイドの認定や規制がされていません。つまり、ガイドの質にばらつきがあります。良いガイドを選ぶのは皆様自身になり、それは、たやすいことではありません。そこで、サミットからの提案が生きてきます。

【Aその1】 優秀なガイドは、一流クライマーであることが前提です。
◆国内外を問わず第一級の登山、クライミングを長年にわたり実践している経験や実力があるからこそプロなのです。当ガイドオフィスのメンバーは、高難度のフリークライミングからヨセミテのビックウォール、ヨーロッパの北壁、ヒマラヤの大岩壁まで経験している一流クライマーです。

【Aその2】 一流クライマーだから優秀なガイドとは限りません。
◆ロープワークひとつとってもプライベート山行とガイディングでは違います。私が所属しているジャパン・アルパイン・ガイド組合は、優秀なクライマーでかつ実力あるガイドのみが会員になれます。常に新しい技術を学んで、安全で確実なガイドを実践しています。

【Aその3】 ホスピィタリティー豊かなガイド
安全で、一流の技術、知識は当たり前です。それだけでは、思い出に残る楽しい山行、講習会ではありません。サミットは、参加される方の個々のニーズに答え、「楽しく思い出に残る山行」「身に付きためになる講習会」を心がけて開催しています。

------山での良き思い出を、ご一緒に------

summit guide office